犬と癒しと私

子供の頃は、ペットが欲しいというような思いはありませんでした。
可愛いという気持ちは持っていましたが、特にだからとって家で飼いたいな
というようなことは思ったことはなく過ごしてきました。

しかし歳をとってくると、ペットショップなどで犬や猫などを
見ていると、いつしか癒されている自分がいることに気づいたのです。

見つめてくるや猫を見ていると、本当に可愛らしく思えて、
家で飼いたいと思うことが増えるようになった私。

その結果、犬を飼うことにしたのです。

正直なところ、犬を飼うというのはもちろん初めてであり、
知識がないので、かなり大変でしたが、近所に住んでいる同年代、
ちょっと年上の人が犬を飼っているので、その人に話を聞きながら
犬を飼いました。

相談相手がいなければ、たぶん飼えなかったであろうワンちゃん。

いつもはその近所の人のワンちゃんと遊んで癒されていたのですが、
今は自分の愛犬と遊んで癒される日々を過ごしています。

まだ子犬なので元気いっぱいで大変ですが、元気な姿を見ていると
こっちも元気をもらえるなと実感します。

ただ食欲旺盛なので、そこらへんの加減が難しいなと。
可愛いからこそ食べたいと言えば与えてしまうので、
太ったり、栄養の偏りなどの心配があるのが悩みの種です。

まあ何年も好き放題食べさせているわけではないので、
大丈夫ですが、今後この先、元気で過ごしてもらうためには、
食生活などについてはしっかりと考えないといけないのかなと思う私です。

ドッグフードも与えればよいというわけではなく、本当に種類がありますからね。
健康志向に特化しドッグフードとかも。

出来る限り健康でいてもらいたいのでそこらへんはよく考えて
ドッグフードを食べさせています。

モグワン amazon

夏の紫外線によるお肌のダメージについて

夏の紫外線によるお肌のダメージというのを
考えたことがあるでしょうか?

実は思った以上に夏の紫外線によるお肌のダメージは受けているものなのです。

まだ若い20代なら良いですが、30代以上の人は要注意。
しっかりと紫外線のケアをしないとシミ、シワ、くすみといった
ものがお肌に影響として出てきてしまう可能性があるのです。

こういったシミ、シワ、くすみというのは、一気に出てくるものではなく、
いつの間にか気になるくらいになっていたというケースが多いです。

だからこそ、まだ特に何も感じていないときから
早めにケアをして少しでも肌年齢を若い状態を保てるようにしておくことが
とても大事なんですよ。

紫外線によるダメージを放置しておけば、だんだんとそれによる
影響によりお肌が弱ってきます。

乾燥もそうですし、特に子の乾燥は、外部からの刺激に弱い状況なので、
下手をすると肌荒れといった問題を引き起こすことすらあるので
注意すべきです。

ちなみに夏の紫外線によるお肌のダメージに対するケアはいつから
すべきなのかというと、8月下旬、あるいは9月上旬くらいから
しておくべきだと言われています。

その理由は、実はそれくらいの時期から、お肌の潤いというのは
徐々に減り始める時期だからです。

そうこれから先は秋。だんだんと乾燥してくる時期なのですが、
これは10月とか11月からケアするのではなく、徐々に減り始めている
9月上旬くらいから始めておくべきだと言われています。

要は早めの対策ですね。
これをしておくことで、乾燥する時期にしっかり対応することができるのです。
乾燥で悩んでいる人は、早めにケアをしてしっかり乾燥する季節に対応できるようにしておきましょう。

ローヤルゼリーもっちりジェル お試し