歯が黄色いその人はとても残念だと感じた!

歯の印象というのは、とても大事ですね。特に色というのは、本当にその人の印象を変えるものです。今までそんなに意識をしませんでしたが、自分が歯が少しづつ黄色くなってきたと思った時に、ほかの人の歯が気になるようになりました。そんな風に考えている人は多いですね。

そんな時、誰もがびっくりするくらいの美人に会うことができました。その人は、100人がいたら100人とも美しいと思える、そんな女性なのです。同じ女性としてこんな感じになりたいと、理想的な女性に会うことができたことを喜んでいました。スタイルも抜群だし、話をするセンスもいいので仕事をしてもピカイチだと思うことができたのです。

するとある時、じっくりとその女性と話をすることがあったのです。その時は、どんな話をしようかとワクワクしていました。その気持ちは今でも忘れることができません。それだけ、とても期待をしていたのです。そして待ち合わせの場所に行くことにしました。すると彼女は待っていました。

その後、愕然とすることがあったのです。それは、その彼女の歯が黄色いことです。タバコを吸うということなので、そのタバコのヤニがついているのでしょう。その姿を見た時に、他は全て完璧なのに、とてももったいないと思ったのです。その後は、自分の歯も気になり、絶対白い歯にしようと思った事でした。その人はその後も、歯が黄色いままです。気づかずにいることは、とても残念です。

歯垢除去する歯磨き粉ランキング!虫歯予防にも効果的

妊娠中でも適度に動くこと。

私は28歳の時に待望の第一子を妊娠しました。その前の妊娠は残念ながら赤ちゃんに会うことが出来なかった為、この子はなんとしても健康に元気に産んであげたいと思いました。

産科で妊娠が確認されてすぐ茶色の出血があり、不安な毎日を過ごすことになりました。医者からは問題無く赤ちゃんも元気に育っているからと言われましたが、出血が止まってからも、またいつ出血するかわからない不安が私をだんだん引きこもりにしてしまいました。

妊娠を経験した方ならご存知のことですが、妊娠も初期を過ぎると検診の間隔があき、4週間も間があくこともあります。胎動を感じ始めると赤ちゃんが元気でいることが病院に行かなくても自分でわかるようになりますが、胎動を感じるまでは毎日毎日赤ちゃんは元気なのか、心臓が止まったりしていないか、とにかく不安しか無く、専業主婦だった私は一日中赤ちゃんのことばかりを考えていました。そしてついには必要最低限の行動以外はなるべく静かに過ごそうとソファに横になって過ごしたのです。これがダメでした。

やっと待ちに待った検診、赤ちゃん大きくなってるかな?と期待を膨らませ診察室へ。すると先生から「お母さん、ずっと寝てばかりじゃないですか?」と言われたのです。自然と生活している中で出るはずのおりものが、寝てばかりいたことで子宮に溜まってしまっていたのです。先生からもっとしっかり動いてくださいね!と釘をさされました。

良かれと思ってやっていたことが逆に言えば赤ちゃんには良くない環境を作っていたのです。その日から私は毎日の散歩を欠かさないようにしました。

鉄分やカルシウムを配合した葉酸サプリで貧血を予防しよう!

ニキビを手で触らないためにしたこと

今はほとんどなりませんが、中高生の頃はニキビがたまにできました。
本当にたまになので、珍しくて、ついいじり倒してしまい、治るのが遅れることが良くありました。
本当にたまにしかできないのに、鼻の頭とか目立つところにばかりできました。
父が私の顔を見て面白がっていましたが、私も一緒に楽しんでいたので問題はありませんでした。

姉は子供の頃から酷いニキビで、大人になっても完治することはありませんでした。
そのため、私のニキビが気になるようで、絶対に潰さないようにと言いました。
あまりに何度も言うので、一時期潰さないように我慢したことがあります。
無意識に触ってしまうので、なかなか難しかったです。
治りかかってもついつい手で触ってしまい、中から液が沁みだしてきたりしました。
そこで潰さないように独自に方法を編み出しました。

両手が自由に使えるから潰してしまうのだと思い、両手で操作しないと遊べないゲームを延々プレイしました。
効果は抜群でニキビは触らなくなりましたが、ゲームで遊び過ぎてしまい寝不足になってしまいました。
今度は寝不足のせいで中々完治しませんでした。

今だったら食事や睡眠を気を付けて治す自信がありますが、当時はそんなことは全く考えませんでした。
物理的に触ってしまうのがいけないと思い、ひたすら触らないように注意しただけです。
幸いなことに両親が食事にとても気を使っていたので、そんな生活でもいつの間にか完治していました。
現在はニキビはありません。

【ニキビ跡】美白美容液おすすめ3選|あなたのケアは大丈夫?

日常的にニキビを防ぐには?

9月末になり、季節の変わり目になりました。
この時期は寒暖差の激しさや、寝具の取り換えから肌に負担が掛かりやすい時期です。
寒暖差が激しいと気温差に体調を合わせないといけないのでストレスが増えやすくニキビができやすくなります。

また、寝具を秋冬用に変えるときに取り出した寝具の影響でニキビが出来る事もあります。

こういったニキビの原因を日常的に防ぐには、何をしたらいいかまとめました。

1.薄手の上着を持ち歩く
買い物や仕事先での服装で、この時期は「少し肌寒いな」と感じやすい時期です。
お店や会社はクーラーが強く効いているところがまだまだたくさんあるので外の暑さとの差からストレスが生じ、肌にとってはニキビが出来やすい環境です。

こういうとき、薄手のカーディガンを1枚持っておくと気温差に対応できるためニキビが出来にくくなります。

おすすめは綿素材のカーディガンです。洗濯可能なので衛生面を保てますし汗をかいても吸水性があって蒸れにくいので、おすすめの素材です。

2.寝具がニキビの温床になっている?
ニキビの治療には睡眠は絶対に欠かせないものですが、眠る前に一つ気にかけたいことがあります。それは「寝具が清潔かどうか」です。

どれだけ眠っても、寝具が汚ければ意味がありません。
寝具についているホコリや寝汗が顔に触れると、ニキビが出来る原因になります。
特に枕カバーが一番顔に触れている時間が長いので枕カバーは最低でも週1ペースで洗いましょう。
可能であれば、シーツやベッドパッドも同様のペースで手入れをしたいところです。

寝具にはダニが発生しやすく、ダニは人間の皮脂やフケが好きなので寝具が汚れてしまっているとニキビの温床になってしまいます。
布団も裏表しっかりと太陽光に当ててダニを退治するようにしましょう。

ニキビ跡 美容液 おすすめ

穏やかな気持ちでいること。

妊活という単語は、そろそろ子ども欲しいなというときに出会いました。就活とか婚活とか、目的を達成するために積極的に活動することですよね。それまで妊娠というのは行為すればできると漠然と考えていました。就活も婚活も大変そうなイメージがあったので、子どもつくるのってそんな難しいんだ…と初めて知りました。しかし一方で、それは私には当てはまらないだろう、まだ20代だし月のものもきちんとした周期でくるし、と安易に考えていました。

そしていざ子どもを…と考えて3ヶ月後、月のものがきてしまったとき泣きました。たった3回失敗しただけで。基礎体温も毎日測っていて自信があったので。たった3回で泣けるんだもの、これが半年、1年続いたらどんなに辛いだろうと思いました。そして子どものためにやれることはやろう、それが妊活なんだと初めて理解しました。

まず葉酸のサプリを摂り始めました。冷え性でしたが、職場がエアコンのきいた室内だったので厚手の靴下と腹巻きをつけました。ルイボスティーがいいと聞いて毎日飲むようにしました。ストレスもよくないと聞きました。その頃仕事が忙しかったのですが、休みの日はしっかり休んで気分転換をしました。そして2ヶ月後、無事に子どもを授かることができました。

妊活を意識して始めたから授かったのかそれはわかりません。ただひとつわかったのは、妊活が全てではないということ。私はやれることはやりましたが、自分の無理のない範囲でです。普段は仕事のことや遊びの予定を考えて、妊娠については深く考えすぎないようにしていました。気が抜けるところは抜く、なかなか難しいんですけど穏やかな気持ちでいるのが大事かな、と私は思いました。

葉酸サプリの人気ランキングチェック!

正しいクレンジング方法で美肌になりました

私は昔はクレンジングって苦手だったんですよね。顔がぬるぬるするのでしっかりとメイクが取れているのかなと不安になりますし、肌が荒れてしまったこともあります。

でも正しいクレンジングの方法を知ってからは、肌がどんどんキレイになってきたんですよね。クレンジングは顔につける前に、手のひらでじっくりと人肌に温めるんですよね。そうすることでクレンジング剤がメイクや汚れによく馴染むんです。

クレンジングをする時にはこすらないように気を付けています。何も考えていなかった頃は、すごくゴシゴシとこすっていたんです。すると肌が赤くなったり荒れてしまいました。ゴシゴシしたらメイクがよく落ちるかなと思ってやっていたのですが逆効果で失敗しました。

クレンジングをする時は円を描くように指を使います。これをするとかなりよくメイクが取れるんです。優しく丁寧にするようにしています。後はぬるま湯でしっかりとメイクや汚れを洗い流すことでツルツルの肌になります。肌のトーンがとても明るくなったと感じますね。

クレンジング剤の種類はたくさんありますが、私はクリームタイプが気になっています。ミルク、オイル、ローションなどがありますがやはりミルクが一番気にいっています。使い心地が良いですし保湿効果が素晴らしいので、乾燥肌の人には良いですね。

クレンジングをする時に丁寧にするように心がけたら、肌がどんどん綺麗になってきました。今はかなりクレンジングにこだわっています。

DUOザ・クレンジングバームのお試しをしてみたい!

35歳以上の高齢出産について

36歳で長女を39歳で長男を出産しました。妊活はなく結婚後すぐに一人目ができました。一般的な高齢出産でしたが、二人ともつわりも比較的軽く安産でした。

高齢出産と言っても人それぞれだと思います。一人目の時は初めての出産だったので気を使うことも多く、自転車通勤で仕事をしながらだったので、気を遣いすぎてしんどくなることも多かったです。

自転車から電車通勤に変えた時は、人ごみで気分が悪くなる時もありましたが、気分が良い時は出来るだけ体を動かす方が気持ち的には楽でした。妊娠後期になると体も重く足の付け根や腰などが痛く、動くのもつらい時が多く、早く産みたいと思ってました。

一人目を出産後は産後の状態も良く仕事にもすぐに復帰できました。こどもは2人は欲しかったので、年齢的にもすぐにでも子供は欲しかったのですが、2人目出産には3年かかりました。

若い子よりは出来にくいのなと思いました。一人目と違って二人目の時は若干気持ちの余裕があり、仕事はしていましたが、自転車通勤は産休まで続けていました。電車の人ごみに比べたら気持ち的にもすごく楽でした。

一人目の時は食事などにも気を使って葉酸とかもとってましたが二人目の時は好きなものを食べてました。おかげで2人目の方が妊娠中体重が増えてしまい婦人科の先生に怒られました。

でも、2人とも元気で母乳で育てました。二人目が39歳での出産だった為か、産後の体調のもどりが悪く体調が戻るまで2か月以上かかりました。

若い時に出産すると後が楽っていうことがよくわかりましたが、私は20代30代前半で独身を謳歌したので、35歳過ぎてからの出産でも良かったと思っています。

通販で買える人気の葉酸サプリベスト3

ボディーソープを変えたら背中ニキビが改善!

友達がよくニキビが治らずに悩んでいましたが、実は私も悩んでいました。
顔にはできないので、ぱっと見は肌がキレイにも見えます。
治らないニキビがあるのは顔ではなく、背中にあったのです。

最初に気づいたのは寝ている時にたまに起こる背中の痒みでした。
虫刺されか湿疹か何かだろうと思い、何となく虫刺され用の薬を塗っていたのですが結果的に虫刺されではなくニキビだったので悪化してしまったのです。
痒みは増すしブツブツは増えるし…で母親にチェックしてもらったところ「ニキビだよ」と言われて初めて背中ニキビなのだと気づきました。
確かに背中を洗うときは適当に流す程度だったかもしれない…と反省し、背中ニキビができてからはボディーソープで念入りに洗いました。

以前よりもしっかり洗っているのに背中ニキビは一向に治らず、反対に数が増えていたのです。
痛いし痒いしで大変だったので皮膚科へ行こうと思っていた時、母親が固形の石鹸を買ってきてくれました。
石鹸なんて久しぶりだな~と思っていたのですが、なぜ敢えて固形の石鹸なのか?を聞いてみると、どうやら私の背中が異常に乾燥していたようなのです。
買ってきてくれた石鹸は、アトピーの人も安心して使える優しいタイプのものでした。
石鹸は一般的なボディーソープに比べて界面活性剤が少なく、肌に負担をかけずに洗うことができるのです。
泡立てるのは面倒でしたが、固形石鹸を使いだしてから明らかに背中ニキビの数が減り、今では信じられないくらいにキレイな背中になりました。

背中ニキビにはクリーム!ニキビケア用クリームおすすめランキング

妊活中に処方されるクロミッドのメリット、デメリットは?

妊活中や不妊治療中の人のSNSを見ると、みんな「クロミッド」という薬を処方されて、まずは様子を見ているようです。このクロミッドという薬はなんなのでしょう?クロミッドについて調べてみました。

クロミッドは、初期の不妊治療に使われる弱い排卵誘発剤です。何らかの理由で、排卵されない人、妊活のタイミングを合わすために使われます。クロミッドにはクロミフェンクエン酸塩という物質が含まれていて、これがホルモンに作用し、排卵が促されます。クロミッドは小さい錠剤で、飲みやすい薬です。生理3~5日から服用を開始します。1日1錠を5日間継続して飲み、効果が出ているか様子を見ます。

5日間服用しても、6日目に排卵するわけではありません。卵胞がしっかり育ち、生理14日目頃に排卵します。排卵誘発剤には、注射のタイプもありますが、こちらは服用するタイプで弱い効果です。排卵がなかなかされないという方には、効果的な薬になります。

しかし、薬で人工的に排卵させるような気がして怖いですよね。そこで、クロミッドのデメリットも紹介します。通常、毎月1個か2個の卵が成長して排卵します。しかし、薬を使って排卵させると、来月排卵するはずだった卵も、無理やり排卵することになります。まだ成長しきっていない卵も出てくることがあるので、卵子の質は落ちると言われています。また、長期的にクロミッドを服用すると、子宮内膜が薄くなることもあります。子宮内膜は、受精卵が着床するベッドのような部分で、厚いほうが良いとされています。だから、クロミッドを服用し続けると、せっかく排卵しても、受精卵が着床しなくなる可能性もあるのです。クロミッドの服用をやめれば、子宮内膜も元に戻ります。

また、卵巣が腫れてしまうこともあります。排卵が正常に行われない人、なかなか妊娠できなくて、タイミングを合わせるために使いたい、という方には、いい薬かもしれませんが。しかし、ホルモンや卵胞に作用するので、やっぱり自然に妊娠するのが1番理想的ですよね。

ベジママには妊活にぴったりの効果がある!

ニキビケア、いろいろあるけど自分に向いているのはどれ?

ニキビケアは、症状や部位に合わせて適切なものを用いなければ、かえって逆効果になることさえあります。
たとえばドラッグストアで売られている治療薬でも、改善されないことも少なくありません。

それは、原因となる菌に違いがあるからです。ニキビは、誰の体にもある皮膚常在菌によって引き起こされることが知られています。
そして、同じような症状であっても、生息地域によっては、まったく別の品種であることも珍しくありません。
たとえば、顔にできるニキビと背中にできるものでは、原因菌が明らかに異なります。こうなると、使用する薬剤も使い分けなければなりません。

一度に複数の部位にニキビができてしまうと、たいへん面倒なことになります。
そのため、ニキビケアとしては、発生を抑えることが先決です。
具体的には、肌へ余計な刺激を与えず、常に清潔さを保っておき、同時に保湿を心がけることが求められます。

ニキビ発生のメカニズムとしては、まず分泌された皮質が毛穴に詰まることが始まりです。
そうなるとニキビの原因となる常在菌が繁殖するようになり、やがて炎症を引き起こすようになります。
これが清潔にしておくべき理由ですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。

強い刺激を肌に与えてしまうと、かえって皮脂の分泌が強まってしまいます。
汚れを落とすことに拘るあまり、こすりつけるような洗顔を繰り返せば、ニキビを促す結果になりかねません。
また、肌が乾燥してしまえば、ターンオーバーが正しく働かず、これも皮脂詰まりの一因となります。
ニキビケアのための洗顔や入浴は、あくまで優しく行うことが重要です。

もしこれらの方法が上手くいかない場合は、より効力の強い抗生物質を用いた治療薬もあります。
これならば、多くの常在菌に対応していますので、手間もかかりません。
通販などでも売られていますから、自分の体質や成分、注意書きなどを見極めながら、賢く活用していきましょう。

プラクネが欲しい!毎日続けたくなる効果いっぱい!