みんなの人気者でいたい

小学生の頃はクラス内で「自分は人気者でいたい、」と思っていました。 しかし、私が何か面白いことをしても児童たちは大して盛り上がってくれないのに、別の男子児童が少し面白いことをしただけで、教室中が盛り上がってしまう光景に私は少々嫉妬心を抱いていました。

そんな私が自分の立場を確立できたのが大学生になってからでした。 サークルの友達からいじられキャラとして親しくしてもらえるようになり、周囲の人気者になることができたのです。 自分の立場が固定されると自分の言いたいことが遠慮せずに言えるようになりました。 そのうちに私の発言で友達の行動が左右されることがあったときには「自分の言うことには責任を持たなくては」という気持ちにもなりました。

そして今現在、私の周りには自分の信頼できるたくさんの友人がいます。 私はその友人たちにいじられおかしくされながらも、楽しく有意義な毎日を過ごしています。 小学生当時、「クラスの人気者でいたい」と思った気持ちが今ではウソのようです。 自分がでしゃばると他人は冷たい目線でしか自分を見てくれないものです。

私はこの先、自分の立場をよくわきまえた上で周囲にいる仲間たちと仲良くおつき合いしていきたいです。

クラチャイダムゴールド アルギニン