転職活動に必要なこと

現在30代半ばの私には、これまでに3度の転職経験があります。
派遣やアルバイトを含めれば沢山ありますが、今回は正社員として転職をした3度の経験に基づいて学んだ事をお話しします。
まず初めに大切だと感じたことは、転職サイト等の媒体です。
今ではちょっとネット検索をすれば数え切れないくらいの職業が出てきます。
けれど媒体によっては、良く見ると資格や経歴を重視したものがメインだったり給与などの詳細が曖昧なものも沢山あります。
それを気にせずに応募すると、面接などの具体的な活動をする手前で急に断られるという事が起こってしまい履歴書作成や郵送費用などの労力と諸経費が無駄になってしまいます。
もし、掲載の時点で不明な点などがあれば前もってサイトからの問い合わせをしておきましょう。
受ける側としてはあまり質問をすると疎ましがられるのではないかという不安もあると思いますが、しっかりと責任ある企業であればあるほど誠実な対応をしてくれるので、活動中に企業を見極める事もできます。
また、転職活動をしているからと足元を見られる事も少なくはありません。
もちろん余裕をもって転職をする人よりも必死になっている人の方が多いのは確かだとは思いますが、一度転職が決まってしまうと合わなかった時に辞めたくても簡単には辞められなくなります。
元の職場よりもより良い環境を求めて転職をする気持ちはわかりますが、あくまでも長い目でみた環境を考慮して焦らずに、自分自身でしっかりと企業を見極める事を忘れてはいけません。
元職場のマイナス面を口に出すのはもってのほかですが、それを念頭に入れた上で転職先に求める条件を明確にし、それを自分の言葉で説明できるようにまとめておきましょう。
そして、元職場での自分の至らなかった点を踏まえてこれから挑戦したい事や転職先での将来的なプランなどもある程度は明確にしておく事も大切です。
そして何よりも、謙虚な態度と言い回しを重視しましょう。
謙虚さと悲観的な態度というのを勘違いしやすい人もいますが、自分に自信がなさすぎる人を雇用する企業は少ないです。
身につけるものや言葉遣い・教養などがあればあるだけ理想の転職先に採用される確率は間違いなく上がるでしょう。
けれど、その自分を受け入れてもらうためにはやはり謙虚な姿勢で自己アピールをするという話術が欠かせません。
家族や友人などに協力してもらい、面接の練習などを繰り返し行う事をお勧めします。
区役所や市役所に問い合わせれば、専門のセミナーや講習会もありますし、ハローワークでも随時行なっていますので積極的に参加してみましょう。

薬剤師 転職 派遣 転職サイト ママ 女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です