穏やかな気持ちでいること。

妊活という単語は、そろそろ子ども欲しいなというときに出会いました。就活とか婚活とか、目的を達成するために積極的に活動することですよね。それまで妊娠というのは行為すればできると漠然と考えていました。就活も婚活も大変そうなイメージがあったので、子どもつくるのってそんな難しいんだ…と初めて知りました。しかし一方で、それは私には当てはまらないだろう、まだ20代だし月のものもきちんとした周期でくるし、と安易に考えていました。

そしていざ子どもを…と考えて3ヶ月後、月のものがきてしまったとき泣きました。たった3回失敗しただけで。基礎体温も毎日測っていて自信があったので。たった3回で泣けるんだもの、これが半年、1年続いたらどんなに辛いだろうと思いました。そして子どものためにやれることはやろう、それが妊活なんだと初めて理解しました。

まず葉酸のサプリを摂り始めました。冷え性でしたが、職場がエアコンのきいた室内だったので厚手の靴下と腹巻きをつけました。ルイボスティーがいいと聞いて毎日飲むようにしました。ストレスもよくないと聞きました。その頃仕事が忙しかったのですが、休みの日はしっかり休んで気分転換をしました。そして2ヶ月後、無事に子どもを授かることができました。

妊活を意識して始めたから授かったのかそれはわかりません。ただひとつわかったのは、妊活が全てではないということ。私はやれることはやりましたが、自分の無理のない範囲でです。普段は仕事のことや遊びの予定を考えて、妊娠については深く考えすぎないようにしていました。気が抜けるところは抜く、なかなか難しいんですけど穏やかな気持ちでいるのが大事かな、と私は思いました。

葉酸サプリの人気ランキングチェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です