夏の紫外線によるお肌のダメージについて

夏の紫外線によるお肌のダメージというのを
考えたことがあるでしょうか?

実は思った以上に夏の紫外線によるお肌のダメージは受けているものなのです。

まだ若い20代なら良いですが、30代以上の人は要注意。
しっかりと紫外線のケアをしないとシミ、シワ、くすみといった
ものがお肌に影響として出てきてしまう可能性があるのです。

こういったシミ、シワ、くすみというのは、一気に出てくるものではなく、
いつの間にか気になるくらいになっていたというケースが多いです。

だからこそ、まだ特に何も感じていないときから
早めにケアをして少しでも肌年齢を若い状態を保てるようにしておくことが
とても大事なんですよ。

紫外線によるダメージを放置しておけば、だんだんとそれによる
影響によりお肌が弱ってきます。

乾燥もそうですし、特に子の乾燥は、外部からの刺激に弱い状況なので、
下手をすると肌荒れといった問題を引き起こすことすらあるので
注意すべきです。

ちなみに夏の紫外線によるお肌のダメージに対するケアはいつから
すべきなのかというと、8月下旬、あるいは9月上旬くらいから
しておくべきだと言われています。

その理由は、実はそれくらいの時期から、お肌の潤いというのは
徐々に減り始める時期だからです。

そうこれから先は秋。だんだんと乾燥してくる時期なのですが、
これは10月とか11月からケアするのではなく、徐々に減り始めている
9月上旬くらいから始めておくべきだと言われています。

要は早めの対策ですね。
これをしておくことで、乾燥する時期にしっかり対応することができるのです。
乾燥で悩んでいる人は、早めにケアをしてしっかり乾燥する季節に対応できるようにしておきましょう。

ローヤルゼリーもっちりジェル お試し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です