就職面接で落とされないためには

就職をするときにどうしても避けられぬ道、それが面接です。

もちろん、エントリーシートや適性検査などの他の試験などもありますが、今回は就職に於いて1番大切と言っても過言ではない面接について述べていきたいと思います。

面接というのは、自分の印象を強く企業の人間にアピールするものです。どれだけ筆記で点数が高くても、履歴書やエントリーシートに書いてあることが立派であっても、面接のときにもじもじとして、喋りたいことを喋ることができないでいると、面接官に「この人とは仕事がしたくないな」と思われて、落とされてしまいます。

面接というのは、ドアを入ったときから始まっています。そのときに、どれだけこの応募先から内定をもらいたいかという野心を全面に押し出すために、とにかく堂々と臨むことが必要となります。

はっきりと喋る。背筋をしっかりと伸ばす。面接官と目をしっかりと合わせる。返事もはっきりとする。聞き取ることが出来なかった質問は、臆せずもう一度質問してもらえるようにはっきりという。そして、退出するまでもしっかり背筋を伸ばしたまま、きびきびと動いて出ましょう。だらけてしまっては、もう入った時点で白黒がはっきりつくことも無きにしもあらずです。意識するだけで変わってくるので、面接を何回もこなしていくうちに慣れていきます。

そして、スーツは自分のサイズに合ったものを着用しましょう。

また、自分は社会人であるという自覚を持つということ。けれど、面接時に決して硬くならず、ある程度フランクに、世間話をするように喋ることが出来ればベター。面接官に信頼感や安心感を与えます。
もちろん、不躾な態度であったり、おかしな日本語を使わないというのは最低限必要なことです。言葉遣いが日常的におかしいと思ったら、それも意識して直すようにしましょう。

また、企業は粛々と面倒ごとをやりつつ連携プレーが出来て、適度に自己主張をし、より業務が効率的になるような頭の回転が良く機転の効く爽やかな部下が必要というのが本音です。

医師 転職サイト 東京 神奈川 埼玉 千葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です