近所の猫のドア開け係になった

私に懐いている猫がいます。
近所の自転車屋さんで飼われている猫で、オスです。
とても甘えん坊な猫で、私に会うと足にすりすりしたりお腹を見せます。
お腹を撫でても嫌がることがなくて、むしろ目を閉じてされるがままです。

褒めながら撫でると言葉の意味が分かるようで目を閉じて口角が少し上がっています。

そんな猫と私は家が近いのでよく遊ぶわけですがお店に戻りたいときには私を誘導してお店のドアの前まで連れて行きます。

それで、お店のドアを開けろと言う意味なのか鳴いて催促してくるので開けます。
そうするとひどいときはダッシュして私のもとから立ち去ります。
大体は歩いてお店の中に進んでいきます。

今日は、お店にまた誘導されたわけですがお店のドアに鍵が掛かっていました。
猫にダメ元で「開いてないよ。中に入れない。」と伝えました。
何度も開けようとしましたが、開かないので猫も察したと思います。
猫は人間の3歳児程度の知能があるので分かりやすく教えたら理解します。

「(裏口に向かうから猫に)おいで」と言うと跡をついてきたためダメ元で裏口のドアに手を掛けたら開いたので猫をお家に送れました。
猫は知能に差がありますが、私に懐いているこの猫は頭がいいと思います。

車買い替え 書類

運転することの楽しみは、どこへでも行ける楽しみ

私の趣味は、ドライブです。運転免許を取得して、今年で6年目になります。

「車の運転は怖い」という人もいますが、私は運転することが大好きです。友達同士で遠出をするときも運転手を買って出ます。私が車の運転が好きになった理由は、2つあります。

1つ目の理由は、運転中に感じる事ができる疾走感があるからです。自分と車が一体になっているようなイメージで、助手席では味わえない感覚があるからです。今となっては、助手席に座ると全身がむずがゆくなります。

2つ目の理由は、自由気ままに色んなところへ行けることです。私は学生時代、部活動の遠征で県内外問わず色々な場所に行きました。当時は道中の景色を見ながら「こんなところがあるのか」「あそこはどうなっているのかな」など思うだけで、ゆっくり観光などは出来ませんでした。大人になり車を運転できるようになったことで、子供の頃の欲求を満たすことができました。最近は子供の頃の欲求を満たすことと併せ、今まで行ったことがない場所へ行くことが楽しみになっています。

しかし、車の運転に事故はつきものです。昨年は少し大きな事故を起こしてしまったので、今後は更に気を引き締めつつ、ドライブを楽しみたいと思っています。

エクササイズコーヒー マツキヨ

妊活中に処方されるクロミッドのメリット、デメリットは?

妊活中や不妊治療中の人のSNSを見ると、みんな「クロミッド」という薬を処方されて、まずは様子を見ているようです。このクロミッドという薬はなんなのでしょう?クロミッドについて調べてみました。

クロミッドは、初期の不妊治療に使われる弱い排卵誘発剤です。何らかの理由で、排卵されない人、妊活のタイミングを合わすために使われます。クロミッドにはクロミフェンクエン酸塩という物質が含まれていて、これがホルモンに作用し、排卵が促されます。クロミッドは小さい錠剤で、飲みやすい薬です。生理3~5日から服用を開始します。1日1錠を5日間継続して飲み、効果が出ているか様子を見ます。

5日間服用しても、6日目に排卵するわけではありません。卵胞がしっかり育ち、生理14日目頃に排卵します。排卵誘発剤には、注射のタイプもありますが、こちらは服用するタイプで弱い効果です。排卵がなかなかされないという方には、効果的な薬になります。

しかし、薬で人工的に排卵させるような気がして怖いですよね。そこで、クロミッドのデメリットも紹介します。通常、毎月1個か2個の卵が成長して排卵します。しかし、薬を使って排卵させると、来月排卵するはずだった卵も、無理やり排卵することになります。まだ成長しきっていない卵も出てくることがあるので、卵子の質は落ちると言われています。また、長期的にクロミッドを服用すると、子宮内膜が薄くなることもあります。子宮内膜は、受精卵が着床するベッドのような部分で、厚いほうが良いとされています。だから、クロミッドを服用し続けると、せっかく排卵しても、受精卵が着床しなくなる可能性もあるのです。クロミッドの服用をやめれば、子宮内膜も元に戻ります。

また、卵巣が腫れてしまうこともあります。排卵が正常に行われない人、なかなか妊娠できなくて、タイミングを合わせるために使いたい、という方には、いい薬かもしれませんが。しかし、ホルモンや卵胞に作用するので、やっぱり自然に妊娠するのが1番理想的ですよね。

ベジママには妊活にぴったりの効果がある!

睡眠のためには枕選びから

良質な睡眠は、健康には欠かせませんよね。

私、どうしても仰向けで眠れなかったんです。
姿勢が悪いせいだと思うんですが、上向きだと不安定な感じがしてしまって息苦しい。落ち着かず、寝入る事が出来ないんです。

整体師の先生が仰るには、背中が丸まっている分、首の後ろが縮こまって、顎を突き出した感じになってしまっている。
そのまま、横になっているから息苦しいんだそうです。

なので、いつも横向き!
背中を丸めて、足も折りたたんで寝る感じです。当然、身体に負担がかかってしまいますよね。
良質な睡眠の為には、仰向けが基本ですから。

とにかく寝つきが悪く、不眠症気味でした。
とにかく、仰向けに眠れるようになりたい!と思っていました。
ヨガにも通ったんですが、なかなか改善されず。ちょっと諦め気味でした。

そんなある日。
偶然、目にした枕のオーダー店。これだ!と思ってお願いしました。
頭の大きさ、首、肩、左右の歪み、だけでなく背骨のバランスも計測。

ベッドの柔らかさや材質も考慮し、目指す眠りを考えながら、素材や高さ幅を微調整。
何度も何度も調節して頂いて、やっと私だけの枕が出来ました。

これがもう素晴らしいんです!
仰向けで安心して眠れる安定感。寝返りもスムーズだし、何より疲れないんです。
本当にぐっすり眠れるようになりました。

眠れるようになると、寝起きが全く違います。
睡眠の大切さを身をもって知りました。

ジッテプラス

ニキビケア、いろいろあるけど自分に向いているのはどれ?

ニキビケアは、症状や部位に合わせて適切なものを用いなければ、かえって逆効果になることさえあります。
たとえばドラッグストアで売られている治療薬でも、改善されないことも少なくありません。

それは、原因となる菌に違いがあるからです。ニキビは、誰の体にもある皮膚常在菌によって引き起こされることが知られています。
そして、同じような症状であっても、生息地域によっては、まったく別の品種であることも珍しくありません。
たとえば、顔にできるニキビと背中にできるものでは、原因菌が明らかに異なります。こうなると、使用する薬剤も使い分けなければなりません。

一度に複数の部位にニキビができてしまうと、たいへん面倒なことになります。
そのため、ニキビケアとしては、発生を抑えることが先決です。
具体的には、肌へ余計な刺激を与えず、常に清潔さを保っておき、同時に保湿を心がけることが求められます。

ニキビ発生のメカニズムとしては、まず分泌された皮質が毛穴に詰まることが始まりです。
そうなるとニキビの原因となる常在菌が繁殖するようになり、やがて炎症を引き起こすようになります。
これが清潔にしておくべき理由ですが、何事も過ぎたるは及ばざるがごとしです。

強い刺激を肌に与えてしまうと、かえって皮脂の分泌が強まってしまいます。
汚れを落とすことに拘るあまり、こすりつけるような洗顔を繰り返せば、ニキビを促す結果になりかねません。
また、肌が乾燥してしまえば、ターンオーバーが正しく働かず、これも皮脂詰まりの一因となります。
ニキビケアのための洗顔や入浴は、あくまで優しく行うことが重要です。

もしこれらの方法が上手くいかない場合は、より効力の強い抗生物質を用いた治療薬もあります。
これならば、多くの常在菌に対応していますので、手間もかかりません。
通販などでも売られていますから、自分の体質や成分、注意書きなどを見極めながら、賢く活用していきましょう。

プラクネが欲しい!毎日続けたくなる効果いっぱい!

「appointment」と「reservation」

これも頻繁に出題される英単語なんですが、「アポイントメント」と「レザベーション」には大きな違いがあります。アメリカに行きたい人は上手に区別ができなくてはいけませんよ。前者は「対人」の予約です。つまりもっとわかりやすく説明すると、「歯科医」や「弁護士」の予約です。その一方で後者は「場所」の予約となります。「飛行機」や「レストラン」が該当すると思います。さらに付け加えて複雑にしてしまいますが、「歯科医」と「弁護士」ではお客さんが違いますね。前者は「patients」つまり「患者さん」です。後者は「clients」つまり「依頼人」ですね。ちなみに「flight」のお客さんは「passengers」つまり「乗客」です。そしてさらに複雑にさせてしまいますが、乗客が払うのは「fare」です。運賃ですね。そして依頼人が弁護士に払う謝礼は「fee」なんです。こんな感じで「お客」や「お金」も状況によって違いがあります。前者だと「audience」は聴衆で、「spectators」なら観客となります。聞くお客なのか見るお客なのかということです。後者だと「debt」は借金で、「scholarship」は奨学金です。マニアレベルかもしれませんが、留学したいなら知っておかなくてはいけない違いですね。

車検 車査定