タイ語会話やタイ文字の面白さについて簡単に説明します。

趣味はタイ語を学ぶことです。タイに4年ほど住んでいた時に何となく始めました。会話を勉強するうちにタイ文字を学びたくなり、簡単な文章なら読めるようになりました。タイ文字は母音や子音、声調の組み合わせですので英単語を読むような感じで読めます。例外もあるのでシンプルではありませんが、解読するのが楽しいです。

また、タイ文字にはいろんな書体があり、デザイン性があって見てて楽しいです。例えば、看板を見るだけでもその違いを見ることができます。基本は小さな○がついた文字が多いのですが、その○を取った文字も頻繁に使用されており、一見アルファベットかと思ってしまいます。家の表札などを見ますと、カリグラム風に書いてあり、まるで習字を思い出すような書体で品があります。可愛らしい雑貨には可愛らしい文字など、見てて飽きません。

タイ語の会話について言えば、発音や声調が少々難しいですが、文法や言い回しは日本語と似てることが多いです。例えば「スーパーへ行ってきた」「見てくる」「やってみる」など、勉強するうちに日本語でも同じだなと思うと感じると思います。

タイからの観光客の方にタイ語で話しかけてみると、大変喜ばれると思います。タイ語学んでみると面白いですよ。

http://col3europe.net/health/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です